Fedexの封筒で作った ほぼ日手帳カバー

Fedexの封筒で作った手帳カバーFedexの封筒で作ってみました。今回から初めて使う、ほぼ日手帳の手帳カバー。

Fedexの封筒は、国際郵便でやりとりする為、耐久性、防水性に優れた材質。

薄くて軽くて丈夫なこの素材、ただでさえ重たい手帳カバーにはもってこいの素材でした。

なんといっても、ロゴがカッコいい。

手帳は最低でも1年使うものだから、実用性も考慮せねば。

Fedexの封筒で手帳カバーを作る

<後々厚みが出てもへっちゃら!な、ベルクロ式>

→開け方はベリベリっとはがすタイプのベルクロを採用。手帳に厚みが出ても、ある程調整できるのがベルクロの便利なところ。

性格上、いろんな物を手帳に挟みたがるタイプ(多機能好き)なので、乱雑な様を外から見えないように隠せるというのもポイントです。

ほぼ日下敷き

<下敷き用ポケット>

右の写真は、ほぼ日専用下敷きを入れるポケット。

手帳開いてすぐに取り出せるのがポイント。

この下敷き初めて使いますが便利です。筆圧が強いので、裏のページがボコボコしないですみます。

また、書類なども折り畳んで収納可能。


↓これが、開いてみたところ。封筒の様々な部分をつかっているのがわかるかと思います。手帳を装着してみたところ、ピッタリでした!

Fedexの封筒で作る手帳カバー

Fedexの封筒から手帳カバーを作る
<付箋貼り放題のポケット>

左側にはツルツルの透明素材をポケットの形に切り、箋をペタペタはれるようにしています。

実はココ、クリアファイルを切って付けてあります。

付箋はかなり使うほうなので、この機能はあとあと重宝しそうです。

Fedexの封筒を手帳カバーにリメイク

<ペン差し>

余ったベルクロでペン差しを付けてみました。以外に厚みがでるので、ここは封筒の素材で十分かも。

→ペンは3色タイプのカラーペン。

細々とした記録を記すのに重宝しています。ぺんてるの「スリッチ」という商品が、ペン自体がスリムで好きですね。

fed_diari_02

これが裏面。

ロゴがカッコいい!

これから付くであろう、汚れ(いい意味で)もきっと味になってくれるだろう。
革みたいな、不思議な愛着のあるFedexの封筒。
まさか元が封筒だとは、気づくまい。(ニヤリ)

Fedexの封筒で作った ほぼ日手帳カバー」への3件のフィードバック

  1. おがわたけし

    はじめまして!
    小川と申します!!

    手帳カバーカッコいいですね~
    環境にもやさしそうです!

    今、手帳カバーをさがしているのですが、
    オリジナルで作っていただき、売ってもうらい事は可能ですか??

    お暇なときにご連絡頂けると助かります!!

  2. 亀山奈苗

    突然の連絡失礼します。

    ほぼ日手帳愛用 5年? ほどの東京在住の亀山と申します。
    ほぼ日プラス自分のノートとアルバムを挟むため、カバーを探しています。
    LOFT, dual 通常のカバーに納得が行きません。手帳は毎日自分の分身のような物です。
    そこで納得満足のいくカバーをずっと探しています。貴殿?のFedexにこれは?!〜とちょっと惚れ初めています。。
    こちらはサイズも大きめと拝見。
    お分けして頂くということは可能でしょうか?
    もし可能でしたらお知らせ頂きたくよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>