カテゴリー別アーカイブ: free

モスバーガーの福袋を買いました

正月といえば、福袋。
今年はたまたま行ったモスバーガーで、
福袋を販売していたので、購入してみました。
¥1,500なり。

zak_mos01
じゃーん。
コチラが中身。
まず、モスバーガーの商品券¥1,500分(赤いチケット)が入っています。
これで、もう元は取れました。

他には、
カレンダー
モッさんブランケット
リカちゃん(モス店員ヴァージョン)コンパクトミラー ×2
モスオリジナルプルバックカー
おもちゃのデジタル時計
が入っていました。
zak_mos02
モス オリジナルプルバックカー。

zak_mos03
おもちゃの時計。

zak_mos04
モッさんブランケット。
モッさんは、モスのキャラクターらしい。

ブランケットは、とってもカワイイ柄なので、
早速愛用したいと思いま〜す。

北海道の変な看板

昨日から北海道の小樽に観光に来ています。




さて、今回は北海道の旅レポということで、
おもしろい看板などを紹介します。
小樽といったら、普通は運河とかなんでしょうけど。
スリラーカラオケ
スリラーカラオケ。
マイケルジャクソンを意識したのか、たまたまそうなったのか。
小樽に似つかわしくない、カラオケ屋。

すごい看板in小樽
小樽の土産物街にこんな看板が突然ありました。
子供じゃなくてお父さんを預かるの?ちょっと斬新!

すごい看板
これは、確か昆布のお店。
でもキャッチコピーが自信に満ちあふれています。
7日たったら一体どうなるのか。妙に挑戦的な看板です。

とにかく寒い!
次回に続く。次はお土産特集です。
お楽しみに。

タイ土産の怪しい文具 〜その1〜

タイのトマトケチャップペンケースタイ土産でもらった雑貨がアヤしい空気を出しているので、紹介したいと思います。

トマトケチャップ型のペンケース。

歯磨き粉のチューブの形みたいです。マークはデルモンテですかな。

このへんから、既にパロディーな空気が出てますね〜。

でも、外国のパッケージってオシャレに見えるなぁ。このペンケースだって、決してセンスは悪くない。




どの辺がペンケースなのか?


タイのペンケースは鉛筆削り付き!

先端のキャップは…

なんと鉛筆削り。




パカッとキャップを開けて、

鉛筆がショリショリ出来ちゃうワケです。




便利ぃ〜。



ペンケースの緩衝剤は紙くず!

そして、日本ではあり得ないのが左の写真。


ペンケースを開けたら、クッション材がなんと紙くず!




タイの伝票?
しかも、何かの伝票らしき紙をシュレッダーしたような感じ。


土産物でも、タイで買ったら中国産だった..なんてガッカリが多い中で、ある意味、リアルなタイ土産を実感できる瞬間なのでした。

タイ土産の怪しい文具 〜その2〜に続きます(近日公開!)
手書きの青文字が所々に混じってます。

鉄道博物館のお土産

「テッパク」こと鉄道博物館に行ってきました。

平日にもかかわらず、人がいて驚きました。

数々のお土産があり、消しゴムもありましたので、

そちらは後ほど消しマニのほうにアップします。






今回のお土産は、土瓶茶(¥400)。

お湯が入っていて、抹茶パックと、土瓶の持ち帰り用の
袋をくれます。

この土瓶茶は昔の電車内で販売されていたもののレプリカらしく、

当時使われていた土瓶は展示されています。












フタが湯のみになるんですね。

これで、お茶漬けでも食べようかな〜。



こんなお土産もどうですか?

おじいちゃん、おばあちゃんは懐かしがりますかね。

アース渦巻香線香型クリップ

日本の夏の象徴でもある蚊取り線香。金鳥とアースの2種類が主流で、どちらかっていうと、アースの缶のほうが派手なんですよね。

こちら、本物ソックリのミニチュア缶。

正面を見てもらえばお分かりのように、これ、線香ソックリのクリップです。

缶をあけると、







蚊取り線香らしきクリップ15巻入っています。








火もついてます。








拡大してみるとクリップ本体はプラスチックで、火の部分はシリコンのような、ちょっとソフトな感触の樹脂で出来ています。

お金、かけてます。

なかなか見せてくれますね、アース。



















クリップとして使ってみました。どうです?

かな〜り、カワイイ。

線香の蛇の目に、

なんか癒されそうです。

ちなみにクリップを差してるのは、旅好きのためのバックパッカー向けのフリーペーパー「mata-tavi(マタタビ)」という素敵な冊子です。

日本全国のお洒落なカフェやお店などにじわじわ設置中。

中身、素敵です。こちらのページで見れちゃいます。

現在、2号まで出ています。

↓↓↓

マタタビを読む


で、話を戻し、

大きさをお伝えするためメジャーを引いてみましたが、イマイチよくわからない写真になってしまいました。

アース以外の

さらに小さな夏の風物詩セットは、リーメントが出していたミニチュアフィギュアです。

こちらもついでに写してみました。


これ、残念ながら、非売品。

私も友人からもらったものなんです。販売促進物として作られたんでしょう。

販促物って結構お金かけてつくるんですよ、宣伝ですから。

そりゃ〜、線香に火、つけるよね。

どれも、すごいクオリティー。っていうか、

これ発売しませんか?アース製薬さん。

ウォーターサーバー型修正テープ

じつは昨日消しゴムマニアへの問い合わせがあり、

こんな消しゴム知りませんか?

というWANTED的メールを頂きました。

で、コレクションをガサガサあさっているうちに本来の目的とは違う文具たちが出て来たので、このブログで紹介してみようかと思います。

こちら、上海の文具メーカーYAMAYOというメーカーのもの。

ウォーターサーバー型の修正テープです。(しかもスペア付き)

修正テープが水のタンクの部分になっていて、水の補充と同じ要領でスペアを取り替えられるというシロモノ。

中国では修正テープを「修正帯」というみたいですね。

で、けっきょく問い合わせの消しゴムは見つからなかったという、本来とは別の目的にすり替わってしまったという…..。ごめんなさい。

カドケシチョコ!

昨日はバレンタインデー。

カドケシチョコ

カドケシチョコ

そして、後輩のコがバレンタインにと、こんなチョコを作ってきてくれました!

どっからどう見てもカドケシ。

本人に聞くと、本物のカドケシから型を取ってホワイトチョコで作ったそう。すごいクオリティーです。

kadokeshi_choco2チョコ味もあります。

もったいなくて食べれませんでした。

とても嬉しい、バレンタインデーでした!

本に掲載されました

私が使っているペンケースがなんと、本に紹介されました。

筆箱採集帳

筆箱採集帳

こちら、ブング・ジャム著で、

学生さんから様々な職業の人々の筆箱を紹介しています。

私の筆箱は、IKEAのショップバッグをペンケースにリメイクしたもので、たまたま「ブング・ジャム」のイベントのお手伝いをさせて頂いた時に、偶然このIKEAペンケースを使っていたのを見て気に入ってもらったことが今回の本への掲載のきっかけです。

多種多様な筆箱がたくさん載っていてとても興味深い1冊です。