カテゴリー別アーカイブ: 日本

手のひらサイズの書道セット発見!

よしだ書道店プチ書道具セット

見た目も可愛らしいプチ書道具セットを見つけました。

これ、実は福岡にあるPLASE STORE プレイズストア(http://plase-store.com/)という可愛いショップさんが紹介していた記事を見て知りました。

ミニ文具大好き!な私は、
前回フリスクケースに入るプチ文具を作ってきたばかりでしたが、
こちらのプチ書道具セットは硯(すずり)と筆がセットになって、
なんと手のひらサイズ!

硯は有田焼の可愛いデザイン。日本のソウルを感じます。

そういえば硯って、あの黒いヤツでも墨すれるの??と思っていましたが、
墨だけでも大丈夫なんですね。
なんと、筆もメイク道具のリップブラシを参考にして作ったそう。
旅先でまったりと書道でも….なんて時があるかもしれません。

よく、結婚式のご祝儀袋なんかに前日の夜に名前を書く時に限って「筆ペン」がない!
または「かすれてる!」!ということがよくあります。
そんな時、このプチ書道具セットがあれば安心かも。

私の書道のイメージってあまり良くなくて、
何故なら学校の授業の時、書道の時間が終わって片付けをするために、
水道に行くと既に列ができてて、並んでるうちに休み時間が終わって….

え〜い、適当にしまってしまえ!

という感じでした。
片付けが面倒くさいイメージだったんですよね。

でも、この有田焼のプチ硯は、
久々にそんな私のイメージを覆してくれた逸品でした。

お値段は7,350円。

…….有田焼だもんな。
誕生日に買ってもらおうかな。

まだまだ先だ〜。

今回見つけたお店、PLASE STOREは本当に可愛くて、
文具や雑貨を売ってるのですが、日替わりのお菓子屋パンを販売してたり、
ああ、近所にあったらいいなあ、って思うお店です。
FACEBOOKもやってるので是非見てみてください。
素敵なのでファンになっちゃいますよ!

store

http://plase-store.com/

iPhoneアプリのマグネット

DSCF2401
iPhone愛用中の方々。またはiPhoneにしたいけど、まだ出来ない。という方。
こんなマグネットを発見しました。

こちらはiPhoneのアプリがマグネットになった
「App Magnets」というマグネットで、パッケージもiPhone。
mag_package

ここまで凝ったパッケージ。
メーカーは「JAILBREAK COLLECTIVE」というメーカー。
「JAILBREAK」 ジェイルブレイクですよ。
まさに規格外iPhoneってことで、気が利いてます。

DSCF2402

これは、iPhone好きにはたまらないかも!

金鳥のノベルティ文具!

久々のヒット。
なんと、夏といえば金鳥。
そして、昭和の家庭にはほとんど常備されていたであろう、
「キンチョール」のノベルティ文具です。

kincho_1
いただきものです。
kincho_2
なんと、スティックのり。
スティックのりと、キンチョールのデザインって、
こんなにマッチするんだ〜。と、感心。
kincho_3
もう一方は、色鉛筆。
素敵すぎ。

kincho_4
非売品って、、、こういうのってどうやったら手に入るのか。。。
キンチョールについてたら間違いなく買いますよ。
kincho_6
宣伝もバッチリ。
kincho_5
こうやって見ると、本物見えるくらい出来がよいです。

チョコレートで出来たバンドエイド

チョコレートのバンドエイド
今日、池袋の成城石井にふらっと立ち寄ったところ、
お店の前に「チョコエイド」という商品を発見。
6ピース入りで450円。



パッケージもカワイイ
中身もパッケージも、バンドエイドそのもの。



やっぱりチョコでした
ミルクチョコレートのバンドエイド!
これはバレンタインにピッタリ。



チョコエイド
缶は中国で、チョコは国産と表示されている。
てっきりアメリカなどから輸入したかと思った!
念のためもう1個、買っとけばよかったかな?

ミニミニマニア

ランドリーのミニTシャツと
雑貨のショップにほぼ並んでいるといっても過言ではないブランド、ロルバーン(Rollbahn)のノート。
そのミニサイズがストラップ付きで売ってました。
ちょうど良くLaundry(ランドリー)のミニTシャツアクセサリーがあったので
(確か、前にサントリーのDAKARAのオマケで付いていたもの)
付けてみたら、かなりカワイイ。



今は何でもストラップになっているなぁ。
すごいのはストラップサイズになってもちゃんと使えること。
ほんっと作るほうは苦労も多いんだろうな。

このTシャツだって、小さいけどかなり細部までちゃんと縫製されたミニチュアなのです。
こちらも普段はキーチェーンに付けて愛用してます。

大きさを比較
さてさて、ノートの大きさを比較するため、私のiphoneと並べてみました。

Rollbahnノートは切手にピッタリ
ロルバーン(Rollbahn)のノートには、クリアポケットがついているんですが、
ミニサイズにもちゃんとクリアポケットが付いていました。実用的!
↑(上)の写真のように、切手を入れてみました。
カワイイじゃないかっ!!

ちなみにプチ情報ですが、切符も入りました。

ピクトメで遊んでみた
人のカタチのクリップで遊んでみました。急いでいる人です(笑)
ピクトメというクリップです。
分度器ドットコムさんで購入できます)

Rollbahnノートとクレオラ社のピンバッジ
お気に入りの、クレヨンのピンバッジと並べて遊んでみました。
クレヨンはもちろんフェイクですが、こうして見ると実寸のクレヨンに見える..。

私はヴィレッジヴァンガードで購入しました。
確か、税込みで336円。
あなたなら、どう使いますか?

北海道のおもしろい お土産(お菓子編)



北海道といえば、六花亭のバターサンドロイズのチョコレートなど、
ハイカラなお土産がたくさんありますが、
面白い「定番」の北海道銘菓もまだまだたくさんあります。




まりもようかん1玉 ¥50
北海道銘菓 まりもようかん


北海道銘菓 まりもようかん
北海道銘菓、
まりものふるさとようかん




北海道といえば、まりも。


まりもっこりも有名ですが、こんな定番のお菓子もあるんです。

中には水風船みたいに、
まりも色のようかんが入っています。




さて、注目なのは、食べ方。

北海道銘菓 まりもようかん
食べ方は、付属のごく一般的なつまようじを、
まりもようかんめがけて プスッ! と一突き。すると….

北海道銘菓 まりもようかん
つるんっ!!
と、一瞬にして外側の風船が割れて、中から つるっつるのまりもようかんが出てきます。

この感触は、面白いです。オススメ!
これだけで、盛り上がります。
子供も喜ぶでしょうね〜。
味は、あっさりしたようかんの味。おいしいです。




さて。次のお菓子にいきましょう。


わかさいも1個¥100
北海道銘菓 わかさいも
北海道のスローフードわかさいも
「イモ」を一切使わずに豆や昆布で
「イモ」を再現したという、
ストイックなお菓子。


北海道銘菓 わかさいも
半分に割ると、イモ特有のスジが。
これは、実は昆布で再現しています。
あんは豆。


皮は醤油が塗られていて、香ばしいんです。おいしい!
中の昆布も塩気があるので、クセになるおいしさです。
おじいちゃん、おばあちゃんは確実に好きな味だと思います。


北海道銘菓 わかさいも

北海道に行った際には、是非買ってみてはいかがでしょうか?
どれもおいしいのでオススメです。

豪華なタラバガニの爪切り

タラバガニの爪切り
豪華なタラバガニの爪切りです。
札幌の藻岩山(もいわやま)の土産屋で購入。
本物のカニは高くて買えないので、爪切りでガマンしました(涙)

¥630(税込)と、やや高め。空港や土産屋にも売っています。


タラバガニの爪切り
台座にマグネットが付いていて、爪切りが磁力でくっいています。
使う時は、台座から外します。


タラバガニの爪切り
どうだ!このボリューム!!
今年はこの爪切りを愛用する予定。

食べちゃうぞぉ。北海道の熊マグネット

北海道熊のマグネット
ぐわお〜〜!!


と、威嚇してくる熊のマグネット
札幌駅構内の売店にて購入。¥420也。
北海道っぽいお土産を探していたのですが、
ありましたねぇ。
威嚇してるけど、カワイイ。
落とし穴に落ちる瞬間の熊ってこんな感じなのだろうか。
「しまったぁああ〜」みたいな。
落ちる場面なんてないだろうけれど。

口の中が超リアルです。なかなかの出来にしては¥420って安いなぁ。
北海道熊のマグネット
冷蔵庫にくっつけてみました(マグネットなので。)

輪ゴムを引っ掛けるのに丁度いいかも!
それとも自宅の玄関に貼っておこうかな〜
「勧誘お断り!」
なんてどうだろう?

次回も北海道のお土産特集です。お楽しみに。

マグネットといえば、magsterさんという、オシャレなマグネットコレクターのサイトをご紹介します。様々なマグネットが紹介されてます。
http://magster.cocolog-nifty.com/

金魚のアンティーク爪切り

金魚の爪切り
アンティークレトロな 金魚のカタチの爪切り。
これは4年前にオークションで買いました。もう、一目惚れです。

金魚の爪切り
小指の爪を切るのにちょうど良いくらいの、小さめサイズ。
観賞用なので。(笑)

こういう雑貨、オリエンタルバザー(原宿にある外国人向けの大型土産物屋)とかに置いてあったら、外国の方に売れるんじゃないかな?と思います。

他にも消しゴムマニアでは世界の雑貨を紹介していきます。
→過去の雑貨特集はこちら

FedExの封筒をリメイクして作ったペンケース!


FedEx(フェデラルエクスプレス)の封筒をリメイクして作ったペンケースです。世界最大の総合航空貨物輸送企業として有名なフェデックスはロゴがカッコいいのでファンも多く、グッズも人気です。



ファスナーはFedExのロゴに使われている2色をイメージしてツートンカラーにしています。

Fedexの封筒で作ったリメイクペンケース
FedExの封筒は、国際輸送に耐えられるよう、タイベックスという特殊な素材が使われているそうです。


タイベックスについてはCasa Cube を東京で建てる!というブログに説明が載っているのでそちらをどうぞ。


また、FedExの梱包資材は数百万回の耐久テストをしており、耐久性についてはかなりこだわっています。
→FedExコーポレートサイト


Fedexの封筒で作ったリメイクペンケース
左は使い込んだ封筒(シワが入っています)。

右は新しい封筒。


使い込んでも決して破れないのがFedExの封筒の最大の利点。軽くて丈夫。理想的ですね。


前回ブログで、同じく FedExの封筒で作ったほぼ日手帳カバーも紹介しています。


あと、新しくブックカバーも作成したので、次回またブログにアップする予定です!


そしてここからはオマケですが、FedExはノベルティでカワイイ消しゴムを作っています。興味のある方はどうぞ。↓↓


消しゴムマニアのサイト「FedEx消しゴム1」

消しゴムマニアのサイト「FedEx消しゴム2」

消しゴムマニアのサイト「FedEx消しゴム3」